楽天 連敗で4位転落 4カ月ぶり先発藤平崩れ6失点

[ 2019年8月6日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天1―8ロッテ ( 2019年8月5日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>5回、途中降板する藤平(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天は約4カ月ぶりの先発となった藤平が4回1/3を6失点で、今季初黒星を喫した。2回まで完全投球も、3回以降に失点を重ねた。4回の先頭・マーティンの飛球を右翼手の渡辺佳が見失い二塁打になる不運もあったが「自分が抑えないといけなかった。粘れなかった」と反省。そこから4四死球を与えるなど崩れた。チームは2連敗で4位転落。5位・ロッテも1ゲーム差に接近し、平石監督は「歯を食いしばって踏ん張ります」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月6日のニュース