楽天ドラ4弓削 2戦連続無失点で2勝目 初登板の苦い経験生かした!「連打だけはされないよう意識した」

[ 2019年8月6日 22:00 ]

パ・リーグ   楽天10-0西武 ( 2019年8月6日    西武ドーム )

<西・楽>2勝目を挙げファンの歓声に応える弓削(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天ドラフト4位ルーキーの弓削が7回4安打無失点の好投で2勝目。プロ初勝利を完封で飾った前回登板の7月30日の日本ハム戦に続き2戦連続無失点も「初登板の時に悔しい思いをしたのでリベンジしたい気持ちで今日も投げました」と控えめなコメント。4月4日のプロ初登板となった日本ハム戦で4回1/3を1失点。初先発初勝利の権利まで“あと2死”のところで降板となってしまった経験を生かし、2戦連続の好投に繋げた。

 これでチームは2連敗でストップ「チームも流れの悪いなかでの試合だったので勝てて良かったです」と喜んだ。猛打の西武打線に対し「ヒットは打たれるものだと思うので連打だけはされないように意識して投げたので、抑えられて良かった」と笑顔。走者を出しても落ち着き「クイックも(自分の)持ち味でバッターも打ちにくいと思うので胸を張って投げられました」と手応えを語った。

 最後に「順位を上げれるように今日勝てたので、この勢いに乗ってまた次も勝てればと思います」と自身3連勝にも意欲を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月6日のニュース