甲子園開幕 令和1号は八戸学院光星・下山の先制満塁弾!

[ 2019年8月6日 10:45 ]

第101回全国高校野球選手権大会   八戸学院光星―誉 ( 2019年8月6日    甲子園 )

<誉・八戸学院光星>1回2死満塁、下山は左越えの満塁弾(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 夏の甲子園が開幕。開会式直後の第1試合、初回にいきなり令和1号が飛び出した。

 八戸学院光星(青森)は初回、3四死球で2死満塁の絶好機を迎えると、打席には「6番・三塁」で先発した下山昂大内野手(3年)。カウント0-1から強く振り抜いた打球は高く上がり、そのまま左翼席へ。記念すべき夏の甲子園“令和1号”はチームに勢いをつける満塁弾となった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月6日のニュース