オリ 山岡&山本をソフトB戦集中投入へ 究極の勝負手

[ 2019年8月6日 05:30 ]

オリックス・山本
Photo By スポニチ

 オリックスが、今月21、22日と27、28日のソフトバンク各2連戦に、山岡&山本のダブルエースをぶつける可能性が出てきた。球団関係者は「ソフトバンク戦の借金(7)が、そのままチームの借金(9)だから」と話し、5勝12敗1分と大幅に負け越している対戦成績を考慮したもよう。両者はここまで別カードに配置されており、山本は先発予定の10日楽天戦後は22日に直行予定で、Aクラス入りに向けた究極の勝負手となりそうだ。

 山岡は昨年まで同戦は0勝4敗だが、現在はリーグ最高勝率(・727)を誇っており、満を持して21、27日にぶつける。一方で山本は今季の同戦5試合で2勝1敗、防御率1・59と相性が良く、2人で4戦4勝を狙う。山本は3日の西武戦後に「最後までAクラスは諦めない」と宣言。9月戦線に踏みとどまれるか、重要な4試合となる。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月6日のニュース