ヤクルト 中村の逆転弾で2連勝「一振りで仕留められたのが良かった」

[ 2019年8月6日 21:56 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―3阪神 ( 2019年8月6日    神宮 )

<ヤ・神>声援に応える中村(左)とブキャナン(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは中村悠平捕手(29)の逆転弾で2連勝となった。

 6日の阪神戦に「7番・捕手」で先発。1点を追う6回2死二塁から、ガルシアの内角低めのチェンジアップを左翼席に運んだ。

 4号2ランで試合をひっくり返し「一振りで仕留められたのが良かった。良い角度で飛んでくれて、風も手助けしてくれた。最高の結果になった」と振り返った。今季は重心を下げたフォームに変えて打率・281と好調。小川監督は「今年は良いですね。狙い球を絞れている」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月6日のニュース