西武・岡田「左拇指MP関節尺側側副靭帯損傷」と診断 4日オリックス戦で負傷

[ 2019年8月6日 14:51 ]

 西武は6日、4日のオリックス戦(京セラD)で左手を負傷した岡田雅利捕手(30)が、5日都内の病院で検査を受けた結果、「左拇指MP関節尺側側副靭帯損傷」と診断されたと発表した。

 復帰については未定としている。

 岡田は4日の同戦の6回、本塁クロスプレーの際に左手親指を痛めて途中交代。試合中に病院へ向かい治療を受けていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月6日のニュース