北別府さんに初孫誕生「感動で胸が震えました」改めて現役時代の反省も「家庭を顧みている余裕が…」

[ 2019年8月6日 15:00 ]

北別府学氏
Photo By スポニチ

 広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(62)が自身のブログで初孫誕生を発表した。

 5日夜に更新したブログで「初孫が産まれました!!大分に向かう道中報せが入り、ただ今途中のサービスエリアです」とだけ短く報告していた北別府さん。

 6日に改めて更新したブログでは「初孫の誕生、感動で胸が震えました」とおじいちゃんになった喜びを率直につづり、「我が子達が生まれた時は現役でしたから家庭より野球。家庭を顧みている余裕がない未熟な私でした」「特に長女が生まれた時は、投手として最もやりがいを持っていた頃でもあり、ピリピリもしていた頃。勝つ事の邪魔をするものは何者も許さないという雰囲気だったと最近、家内から聞きました。子供達が大きな声を出しただけでも私はジロリと睨んでいたらしいです」と父親になった時の反省も文字にした。

 その上で「遊んであげた事もあまり抱っこしてやった記憶もない父親に長女がこんな素晴らしい感動を与えてくれました」と北別府さん。初孫誕生にしみじみと感動していた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月6日のニュース