広島・西川 8・6に打った、走った!巨人と1差弾「元気よくプレーしていることに感謝して頑張りたい」

[ 2019年8月6日 22:22 ]

セ・リーグ   広島8―4DeNA ( 2019年8月6日    マツダ )

<広・D>4回2死一塁、2ランを放った西川はナインの出迎えを受ける(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 2位・DeNAとの直接対決で3点先取されながら鮮やかな逆転勝ち。夏場の大きな9連戦初戦を8―4の快勝で飾った3位・広島のお立ち台には逆転劇の立役者、アドゥワ誠投手(20)と西川龍馬内野手(24)がそろって上がった。

 2―3で迎えた4回の攻撃。2死走者なしから9番に入っていた先発投手のアドゥワが三塁ゴロを放ち、投手ながら一塁ベースへ全力疾走した。当初はアウトの判定もリクエスト成功で内野安打に判定が覆ると、直後に打席へ入った1番・西川が左翼スタンドへ値千金の逆転11号2ラン。これで一気に波に乗った広島は13安打で8点をもぎ取り、勝利を収めた。

 投げても7回6安打3失点(自責0)で5月19日以来79日ぶりとなる今季3勝目(4敗)を挙げたアドゥワは中継ぎ登板を経ての先発白星に「どんな立場でも変わらないので、とりあえず先発の役割を果たそうと思いました」とし、「アツさんのリードのおかげです」と女房役の会沢に感謝。「自分の勝ちよりチームが勝ったことが一番なので良かったです」と安どの表情を浮かべた。

 4回の全力疾走について「バッティング練習は一応やっているので。その努力がたまたま…ハイ。出ました」とはにかむと、スタンドからは大きな拍手。続いてヒーローインタビューとなった西川は「頑張って走ってくれたんでね。何とか楽に還せて良かったです」と自身の一発を喜んだ。

 「ヒットでつなぐことを最優先に意識して、それが最高の結果になって良かったです」という西川は7月15日の後半戦初戦から1番に定着し、後半戦19試合で早くも6アーチ目。その間、チームは15勝4敗と西川の活躍がそのままチームの好成績につながっている。この日も5打席に立って3打数2安打2打点2四球と4打席で出塁。盗塁も決めている。

 切り込み隊長としての役割について「先頭やったら塁に出ることを意識して、得点圏やったら(走者を本塁に)還すことを意識して(打席に)立ってます」という西川は、球宴明け19試合で早くも本拠マツダで3度目のお立ち台となったが「ちょっと多いスね」と苦笑い。スタンドからの笑いを誘った後でインタビュアーから「ファンはまだまだたくさん上がってほしいと願っていますよ」と水を向けられると「それぐらい活躍できるように頑張ります!」と高らかに宣言することも忘れなかった。

 これで7月17日に最大12あった首位・巨人とのゲーム差はついに1差。「相手は関係なく、1試合1試合目の前の試合に全力で戦って、こうやって元気よくプレーしていることに感謝して、またあしたから頑張りたいと思います」。試合前には黙とうが捧げられ、広島にとって大事な8月6日に挙げた大きな白星。平和を祈る「ピースナイター」で鳴り物応援もなかったマツダに、西川の元気な声が響いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月6日のニュース