平野、同点許すも…直後勝ち越し 今季4勝目転がり込む

[ 2019年8月6日 02:30 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス7-5ナショナルズ ( 2019年8月4日    フェニックス )

ナショナルズ戦の7回に登板し、4勝目を挙げたダイヤモンドバックス・平野
Photo By ゲッティ=共同

 ダイヤモンドバックスの平野が6月15日以来の白星を手にした。5―4と勝ち越した直後の7回に登板。

 同点に追いつかれたが、なお1死一、二塁で2者連続三振に仕留め、傷口を広げなかった。その裏に再びリードを奪うと継投で逃げ切り、今季4勝目が転がり込んだ。エース右腕グリンキーはアストロズに移籍したが、ワイルドカード争いは射程圏内で、トーリ・ロブロ監督は「可能な限り最善の方法を尽くす」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月6日のニュース