ダル4勝 VS左打者用「別人」の新スタイル 指揮官絶賛

[ 2019年8月6日 02:30 ]

ナ・リーグ   カブス7-2ブルワーズ ( 2019年8月4日    シカゴ )

4勝目を挙げたカブスのダルビッシュ
Photo By 共同

 カブスのダルビッシュが4日(日本時間5日)、ブルワーズ戦で5回5安打1失点、8奪三振の好投で今季4勝目を手にした。初回に主砲のイエリチにソロを浴びたが、左打者7人を並べたブ軍打線に対し、落ちるカットボールを軸に2回以降は無失点に抑えた。

 直球の割合を極端に減らした対左打者用の配球で以前に「全く別の投手になるイメージ」と話した新スタイル。この日は寒気を感じるなど体調不良を訴え、試合後の取材対応はなかったが、7月以降は6試合で35回2/3を44奪三振、2四球と開幕直後の制球難も劇的に改善されている。

 体調を考慮して早めの交代を告げたジョー・マドン監督は「大リーグで誰にも負けない投球内容」と絶賛し、一塁手のリゾも「彼の進化を見るのは楽しい」と感心した。(奥田 秀樹通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月6日のニュース