石見智翠館1年の関山和、主将の兄と二遊間コンビ「最高の時間で最高の経験」攻守で活躍

[ 2019年8月6日 19:40 ]

第101回全国高校野球選手権大会   石見智翠館4―6高岡商 ( 2019年8月6日    甲子園 )

<石見智翠館・高岡商>6回2死満塁、右前適時打を放つ石見智翠館・関山和(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 第101回全国高校野球選手権大会の第1日は6日、甲子園球場で1回戦が行われ、石見智翠館(島根)は9回に同点に追いつく執念を見せたが、延長に力尽きた。試合には敗れたが、関山兄弟が聖地で躍動した。

 主将で兄の愛瑠斗(3年)が「1番二塁」、弟の和(1年)は「6番遊撃」で先発。二遊間コンビを組み、攻守で活躍した。

 弟の和が5回にチーム初安打となる左中間二塁打、6回には右前適時打でチーム初打点を記録した。「前の打席でいい当たりを打ったので、まっすぐは来ないと思っていた。打って走者を返して点を取ることしか考えていなかった。よっしゃと思いました」と振り返った。

 弟に負けじと愛瑠斗は2点差の9回に左前2点適時打を放ち、同点に追いついた。弟は兄の一打を「さすがだなと思いました」と喜んだ。

 延長戦で敗れたが、聖地で「兄弟二遊間」を組み全力プレー。和は「僕の生きていた中で最高の時間で最高の経験だった。正直もっと勝ち進んで、もっとやりたかった。(試合直後)兄には“ありがとう、来年頑張れ”と言われました」と充実した表情。

 「甲子園は最高でした。最高でしかないです。最後まで諦めずに粘り強い野球をしたい。大事な場面で打てるような選手になりたいです」とさらなる成長を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月6日のニュース