巨人9連戦 中5日で菅野2度先発も 0・5差でも原監督焦らず

[ 2019年8月6日 05:30 ]

キャッチボールをする巨人・菅野(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人ナインは6日の中日戦から始まる9連戦に向け、名古屋入りした。2位・DeNAとの直接対決に3連敗して0・5ゲーム差に迫られたが、原監督は「まだまだ。我々が焦ったら選手はどうなるか。動けるようにいい環境をつくる」と、本当の勝負どころを見据えた。

 同9連戦では宮本投手総合コーチが「可能性はあります」と、菅野の「連続中5」起用を示唆する。エースはジャイアンツ球場で調整。2日のDeNA戦から中5日で8日の中日戦に登板予定で、さらには14日の広島戦に向かう可能性がある。

 歴史的快挙に心も奮った。早朝から全英女子オープンをテレビ観戦。原監督はメジャーを制した渋野日向子の姿に「感動したな!素晴らしい。けれん味のないというか。見たことがないね、ああいうのは」と笑顔だった。(神田 佑)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月6日のニュース