日本ハム堀が2戦連続先発 中1日以内はチーム41年ぶり 二番手に斎藤が待機

[ 2019年8月6日 05:30 ]

2戦連続で先発の日本ハム・堀
Photo By スポニチ

 4日のソフトバンク戦で「栗山流オープナー」として1回無失点で勝利に貢献した堀が、6日も2試合連続で先発する。同じく短いイニングを任される予定で、二番手には斎藤が待機する。

 チームでは12年に武田勝が球宴期間を挟み7月17、25日に2試合連続で先発も、中1日以内なら78年9月14、15日の間柴茂有以来、実に41年ぶり。前回登板後に「いつも栗山監督は意図を説明してくれる。期待に応えたい」と語っていた左腕が再び勝利への流れをつくる。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月6日のニュース