昨年V・大阪桐蔭中野主将が優勝旗返還 後輩たちへ「この夏の負けをプラスに」

[ 2019年8月6日 10:11 ]

第101回全国高校野球選手権大会 開会式 ( 2019年8月6日    甲子園 )

<開会式>49代表の選手が一斉にホームベース付近に行進する(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 大阪大会準々決勝で敗れ、夏の甲子園大会連覇はならなかった大阪桐蔭・中野波来主将(3年)が開会式に参加し、前年度優勝校として優勝旗を返還した。

 一人での行進となった中野は「チーム全員で(優勝旗を)返しに来たかったので悔しいですね」。2年生では甲子園で春夏連覇を果たし、3年生では主将としてチームを引っ張り続けた。「後輩たちにはこの夏の負けがあったからこそ勝てるようになったと、プラスに捉えられるように頑張ってほしい」と今後の後輩たちの奮起に期待を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月6日のニュース