×

ふぉ~ゆ~・越岡裕貴 25年目初ドッキリ?映画初出演で初主演、ジャニーズの苦労人ついに花開く時

[ 2022年1月29日 04:00 ]

ジャニーズ事務所
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所の4人組「ふぉ~ゆ~」の越岡裕貴(35)が、来年公開予定の時代劇ミュージカル映画「まくをおろすな!」(監督清水順二)で、入所25年目にして初めて映画に出演し、しかもいきなり主演を務めることになった。四半世紀ジャニーズに所属しながら、舞台を撮影したものを除き、映像作品はテレビドラマも含め今回が初めて。遅咲きの苦労人は、突然のスポットライトに「いまだにドッキリなんじゃないかと思っている」とドギマギしながら喜んでいる。

 越岡は1998年11月に入所。同期はKAT―TUN亀梨和也(35)中丸雄一(38)、NEWS増田貴久(35)、Kis―My―Ft2藤ケ谷太輔(34)とスターがズラリと並ぶ。仲間がグループとして続々とCDデビューしていく中、越岡には声が掛からない。バックダンサーとしてパフォーマンスを磨き続け、11年4月にふぉ~ゆ~のメンバーとなった。

 16年には、越岡を含めメンバー4人が30歳の大台に突入。それでもCDデビューを諦めない。「楽屋が用意してもらえない」など、ジャニーズらしからぬトークで注目を集め、徐々にテレビ番組への出演が増加。昨年はCS・日テレプラスで冠番組が始まり、越岡自身も舞台で初単独主演を成し遂げた。グループのリーダー福田悠太(35)も「ついにメンバーから映画主演者が出てしまいました。どうしましょう?パニックです」となぜか大慌てだ。

 作品は、江戸で起こった大事件を描くミュージカル。清水監督は「歌、ダンス、芝居においてオールマイティーで本作主演に適役」と越岡を評価している。「僕もいまからワクワクしております。ひとつ質問なんですが、本当にこのコメント、載ってますか?」。ドッキリじゃなかった…と思えるのは、映画公開初日になる。

 ◇越岡 裕貴(こしおか・ゆうき)1986年(昭61)10月5日生まれ、大阪府出身の35歳。1998年11月8日に入所。ニックネームは「こっしー」。主演舞台「GARNET OPERA」が上演中。20年にメンバーの松崎祐介とお笑いコンビ「おつゆ」を結成し、M―1グランプリ2回戦進出。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月29日のニュース