×

今期で17期連続の開催 大田原市長「将棋のメッカとして発展してほしい」

[ 2022年1月29日 05:30 ]

第71期ALSOK杯王将戦第3局 ( 栃木県大田原市・ホテル花月 )

いちごを送られ笑顔を見せる渡辺王将(左)と藤井竜王
Photo By スポニチ

 関係者だけで歓迎セレモニーが行われた。今期で17期連続の開催となる大田原市。津久井富雄市長(71)が「王将戦の歴史の地として継続し、大田原が将棋のメッカとして発展していってほしい」と語った。

 第3局協賛の「JAなすの」からは両対局者に、特産物のいちご3種「スカイベリー」「とちおとめ」、新種の「とちあいか」が贈られた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月29日のニュース