×

渡辺王将 平常心戻る、完敗「引きずらないように」親しんだ地で1勝返す

[ 2022年1月29日 05:30 ]

第3局前日、与一くんと写真に納まる渡辺王将(右)と藤井竜王
Photo By スポニチ

 将棋の第71期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負第3局は29日、栃木県大田原市のホテル花月で開幕する。4連覇を狙う渡辺明王将(37)=名人、棋王含め3冠=が連敗を2で止めるか、藤井聡太竜王(19)=王位、叡王、棋聖含め4冠=が一気に王手か。開局は午前9時。

 完敗だった第2局から中5日。渡辺王将は当然のように平常心を取り戻していた。「先週は内容的によくなかった。それを引きずらないように」。第3局に臨む心境はシンプルだ。

 高槻で連敗を喫した翌日(24日)はトレーニングウエアに着替え、都内の自宅周辺を軽やかにジョギング。「リラックス目的というか、習慣付いているところがあって。年齢的にも体重が増えやすいですからね」と苦笑い気味に明かす。気分転換を兼ねる趣味とはいえ、1キロ5分台の走力を持ち、「もっと本気を出せばいいのかも」とタイム短縮にも意欲的だ。

 勝ったり負けたりが日常の世界だ。自身初の王将戦開幕連敗ぐらいで慌てふためいていては身が持たない。「第2局は自分の中でどの辺が良くなかった、というのはありますが、そこを心掛けると他の部分が悪くなったりする。どこかをいじるとどこかがおかしくなりますから」。要は平常心。慣れ親しんだ大田原で1勝を返せば、シリーズの行方も分からなくなる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月29日のニュース