×

コジマジック “天狗”だった若手時代 クラブで夜遊び、劇場軽視…レギュラー11本の売れっ子からの転落

[ 2022年1月29日 14:28 ]

収納王子コジマジック(2011年撮影)
Photo By スポニチ

 整理収納アドバイザーとして活動する「収納王子コジマジック」こと、お笑いコンビ「オーケイ」の小島弘章(49)が28日深夜放送のテレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(金曜深夜1・40)に出演。超売れっ子で天狗だった若手時代のエピソードを明かした。

 自身のプロフィルとして小島が「芸人としてではなく、収納の専門家として見ている方も多いと思う」としながらも「これ、知らない方多いんですが、お笑いコンビなんです。相方がいるんです」とコンビで活動していることを明かすと、「ハライチ」澤部佑や「平成ノブシコブシ」の吉村崇らの芸人の後輩たちから「今もですか?」と直球質問。小島が「今もです!」と返すと、「えーー!!」とスタジオに驚きの声があふれた。

 思わぬ反応に、小島は「ちょっと待って!」と動揺。「ザ・マミィ」の酒井貴士からは「相方さんはどこに締まっているんですか?」と“収納のプロ”にかけてツッコミを入れた。

 大阪での若手時代は漫才賞レース7冠、レギュラー本数11本と超売れっ子コンビとして活躍していたという。アイドル的な人気を誇っていた当時の自身について、後輩芸人には「舞台の上では俺へのキャーを待ってからしゃべり出せ」と言い放ち、夜はクラブのVIPルーム通い、マネジャーには「何で移動電車なん?」と電車移動に不満を言い、「劇場よりテレビが優先やろ!」と劇場を軽視する発言も。その結果、芸歴10年目にはレギュラー0本、月収0円、住む家もなくなりヒモ生活となったという。

 若手時代の顔を次々とぶっちゃける姿に、元AKB48でタレントの横山由依は「なんで今、言っちゃうんだろうなって思います。言わなければいいイメージなのに…」と困惑。小島も「私もマイナスプロモーションだと思い始めてます。しくじり(のオファーが)が入ったことが嬉しすぎて…」と苦笑いを浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月29日のニュース