×

渡辺王将VS藤井竜王の王将戦第2局始まる 王将が先手 戦型は角換わり

[ 2022年1月22日 09:30 ]

<王将戦第2局・第1日>初手を指す渡辺王将(右は藤井竜王)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 渡辺明王将(37)=名人、棋王との3冠=に藤井聡太竜王(19)が挑む第71期ALSOK杯王将戦7番勝負第2局が22日午前9時、大阪府高槻市の「山水館」で始まった。

 今局の先手番は渡辺王将。たっぷり1分を使って▲2六歩と着手。戦型は角換わりで、先手は「早繰り銀」の作戦に出た。

 今期は史上初の「3冠・4冠対決」ということで、注目度の高いシリーズとなった。第1局は藤井竜王が制し、幸先の良いスタートを切った。渡辺王将の巻き返しか、藤井竜王の連勝か、第2局にも多くの期待が寄せられている。

 本局の立会人は谷川浩司九段、副立会は稲葉陽八段、記録係は折田翔吾四段が務める。

 第2局のスケジュールは、10時30分に午前のデザート、12時30分に1時間の昼食休憩、15時に午後のデザート、18時に「封じ手」を予定している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月22日のニュース