×

オリラジ中田&カジサック、「雨上がり」の解散理由について激論!「蛍原さんは何で解散したくなった?」

[ 2022年1月22日 20:58 ]

中田敦彦と(左)と梶原雄太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(39)が22日、自身のYouTubeチャンネルを更新。ユーチューバー・カジサックこと、お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(41)とコラボし、「雨上がり決死隊」の解散について激論を交わした。

 両者とも宮迫博之を応援する気持ちは一緒だったが、その方向性は真逆とも言えるものだった。中田は、宮迫の活動序盤からコラボするなど、精力的にサポート。対して梶原は、蛍原徹の気持ちをふまえ、共演することは控えていた。

 当時のお互いの感情を話し合う中で、中田は「蛍原さんは何で解散したくなったんでしょうね?」とぶつけると、梶原は「これは言葉を選ばないと大炎上する…」と動揺しながらも「寂しかったと思います」と答える。

 中田が「カジサックさんは『テレビに戻るんだったら、事務所とか芸人さんの感情を逆なでするようなことはしない方がいい』って考えてたと思うんですよ。でも、その出来事と蛍原さんが解散を決意したこととは、繋がりづらいんですよ。たしかにYouTubeをやることで、そういうことはあったかもしれないけど、それで解散にはならないと思う」と、自身の考えを語った。

 対して、梶原は「(蛍原が)疲れたってのもあるのかもしれませんね。あくまで憶測ですけど、蛍原さんと考えていることと逆のことをすることを見るのを、しんどくなってしまったのかなと。あと、もう戻れないと思ったんじゃないか」と、自身の見解を述べた。

 続けて梶原が「ここに正解・不正解はないと思う。ひょっとしたら、中田の取った戦略がハマって、蛍原さんの隣に(宮迫が)帰れていたかもしれない」と言うと、中田は「みんな必死だったんですよね。宮迫さんは本当に(チャンネル登録)100万人を目指してたし、僕は応援してあげたかった。カジサックさんは、いろんな誤解とか誹謗中傷を抑えかった」と、しみじみと話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月22日のニュース