×

朝ドラ「カムカム」次週予告にネットざわざわ「予告だけで泣ける」「海で…」「2人はどうなるの」の声

[ 2022年1月22日 08:51 ]

深津絵里
Photo By スポニチ

 女優の深津絵里(49)が2人目のヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は22日、第12週の振り返りを放送。最後に公開された次週第13週の予告映像が早くも話題を呼んでいる。

  <※以下、ネタバレがあります ご注意ください>

 次週予告では「小豆(あずき)の声を聞け。何をしてほしいか小豆が教えてくれる。おいしゅうなれ、おいしゅうなれ」という、るいの声とともに、懸命に走るるいの姿や、ものを窓外に投げ捨てる錠一郎、るいを励ます和子(濱田マリ)、錠一郎を激しく問い詰めるトミー(早乙女太一)、海岸線を走る車に乗り海へ向かうるい、海で錠一郎を抱きしめるるいの姿が。そして錠一郎の「これが、るいとるいのお母さんの味か」という声とともに、るいと錠一郎が和菓子を食べる姿、三角巾姿の錠一郎が苦闘しながら菓子作りの材料を量る場面があった。

 公式ホームページではあらすじも紹介。るい(深津)は、東京から帰ってきた錠一郎(オダギリジョー)の口から信じられないような言葉を聞き、大きなショックを受ける。そんなるいをクリーニング店の平助(村田雄浩)と和子(濱田マリ)が気遣う。そんな時、東京からきた笹川奈々(佐々木希)と一緒に歩く錠一郎の姿を見かけたトミー(早乙女太一)は、錠一郎を問い詰める。トミーを介して、錠一郎の身に何が起きたのか、真実を知ったるいは、錠一郎の元に駆けつけるのだが…という展開。

 ネット上では放送後、「2人はどうなるの!ますます気になる」「小豆(あずき)の声を聞けというセリフで泣けた」「早くみたい!」「お店開くのかなあ」「海で何が…」「予告だけで泣ける」「ジョー頑張って」「幸せな展開になってほしいです」などの反応が。次週も目が離せない展開となりそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月22日のニュース