×

古坂大魔王 自宅でコロナ療養の難しさ吐露「小さい子供のいる家でのコロナ発症は全て詰む」

[ 2022年1月22日 19:03 ]

古坂大魔王
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染し、自宅で療養中のお笑いタレントの古坂大魔王(48)が22日までに自身のツイッターを更新。家族とともに暮らす自宅での療養の難しさをつづった。

 古坂大魔王は19日に感染がわかり、「自宅隔離されてます。家族が一番心配です。子供達も妻様も…保育園も休ませてしまいました。今の所は症状が出てるのは僕だけです。熱とだるさと咳です。風邪の症状な感じです。軽症だと思います。たくさんの関係者の方にご面倒お掛けしています。治します」とつづっていた。古坂大魔王は17年にタレントの安枝瞳と結婚、3歳と1歳の女児をもうけている。

 その後21日には「かなり回復てかほぼ通常です。しかし、小さい子供のいる家でのコロナ発症は全て詰む。離れなきゃいけないが親をいつも以上に求める娘達。感染してはいけないのは分かるが24時間そうしているわけにはいかず。買い物も行けない。隣人や友達の皆様の有難い差し入れに申し訳ない気持ちで笑顔も消える」と報告。

 子供たちは元気とし、「若過ぎる力を持て余す。動かないとお腹も減らずに睡眠も崩れる。テレビも配信も家運動も遊びも尽きる。でも、まだまだ通常の生活に戻れるのははるか彼方。詰む。しかし逆にこれが独身ならと想像。それもまた詰む。病む。身体と共に気持ちも」「日光浴びてないからか運動不足なのか 妹魔王ちゃんの寝るのがすこぶる遅い。寝る時間からのブルドーザーの様なパワーが半端なく。そのまま転んで頭ぶつけて泣いて、その隙に一気に抱っこして寝かし付ける。成功。しかし、ほぼ毎日夜泣きで一度起きる」と、家族の感染により、自宅から出られない子どもの辛さを理解しつつも「ひたすらに疲労。顔は無。そこに体調不良と来る。思う様に出来なくて苛立つ。泣かれる。心から謝る。そんな今日。ん?今日って何日何時何分」とつづった。

 食事についてはフードデリバリーサービス「Uber Eats」やネットスーパーを使っており問題ないとしつつも「今回のコロナは、身体はすぐに元気に成るのに。最先端の病院のオンライン診療と薬の効果は物凄く、飲んだ人はすぐに快方に向かう。世界的にそのようなニュースが山程出てるのを読む。世の中との断絶に歪んだ思考が頭を巡る。不安とて半端ない。つまりなんとかしてくれがっかりした顔頼むよ」と訴えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月22日のニュース