×

藤井竜王、勝者の撮影再び 王将戦連勝で「機会いただければ」

[ 2022年1月22日 05:30 ]

第71期ALSOK杯王将戦第2局

第71期ALSOK杯王将戦7番勝負日程と勝敗
Photo By スポニチ

 将棋の第71期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負第2局は22日、大阪府高槻市の山水館で開幕する。4連覇を狙う渡辺明王将(37)=名人、棋王含め3冠=は第1局(9、10日)で激戦の末、藤井聡太竜王(19)=王位、叡王、棋聖含め4冠=に屈したものの、先手番となる今局で挽回を期す。開幕白星の挑戦者・藤井は連勝を目指す戦いだ。開局は午前9時。

 対局場検分を済ませ、取材に応じた藤井が笑顔で「お代わり」を求めた。第1局の勝利翌日、車掌の制服姿で行った王将戦恒例「勝者の記念撮影」。鉄道ファンで知られる藤井は、対局会場の静岡県掛川市にある天竜浜名湖鉄道の掛川駅を訪問。駅舎で乗務員用の上着と帽子を借り、満面の笑みで初体験した。

 直前まで撮影内容を知らず、正直「身構えていたところがあった」と回想する。それでも「楽しくできました。またそういう機会をいただければ」。勝ってこそ求められる写真撮影。勝たないと何も始まらないとの思考法だった。

 振り駒があるため、先後が対局直前に決まる第1局と違い、今回は後手が確定している。事前研究を進めやすいのは同様だが、戦型を選択しやすいのは先手だ。「先手の作戦にうまく対応できるかどうかという構図。渡辺王将は作戦が幅広い。ある程度準備はしてきたので、しっかり考えて対応できれば」

 渡辺との過去8局のタイトル戦で唯一敗れた一昨年棋聖戦第3局は角換わり腰掛け銀へ。90手目まで考えたという渡辺との事前研究の差が大きく、142手で投了した。ただ、その準備を乗り越えてこそ力関係で優位に立てる。主催者から求められた揮毫(きごう)で記した「飛翔」を目指す戦いが始まる。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月22日のニュース