×

濱田マリ カムカムは令和版かぐや姫「実はゆかりのある大“月”君にお返しする」

[ 2022年1月22日 15:47 ]

濱田マリ
Photo By スポニチ

 女優の濱田マリ(53)が22日、NHK総合「土曜スタジオパーク」(土曜後1・50)にゲスト出演。自身が出演する、NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)について話した。

 濱田は女優の深津絵里が演じる2人目のヒロイン・るいが住み込みで働く「竹村クリーニング店」の和子役を演じており、「私たち竹村夫妻と、るいちゃんのひょんな出会いから夢のような生活を私たちは送らせてもらうわけですよね、約2年くらいなのかな。でも、小さい頃から実はゆかりのある大月君、大“月”君に(るいを)お返しするあたりがなんか令和版のかぐや姫みたいな」と話した。

 さらに、俳優の村田雄浩が演じる夫・平助について「竹村夫妻って私がわりとギャンギャン言ってますけど、大事なところは例えばるいちゃんがウチで働いてもらうことになったときとか、この大事な場面では『お願いします平助さん』ってことでビシッと決めてもらって」と説明。

 これに対し、村田からは「るいちゃんがじゃあウチで働くっていうときに、ちゃんと宣言をするのをちゃんと『アンタ』って」「そうやって(和子に)支えられながら、仲良くやってきた。ここに子供ができたなんて本当に夢のような、なんていう神様のプレゼントなんだろうって感じですよね」と声が上がった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月22日のニュース