×

BiSH 解散決断での葛藤告白「感情がよく分からなくなっちゃって、腹をくくれなくて」

[ 2022年1月22日 16:51 ]

BiSHの(左から)アユニ・D、リンリン、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、アイナ・ジ・エンド、モモコグミカンパニー(2020年撮影)
Photo By スポニチ

 女性6人組ユニット「BiSH」が21日放送の日本テレビ系「MUSIC BLOOD」(金曜後11・00)にゲスト出演。番組史上初となる2回目の緊急出演で、23年いっぱいでの解散を決めるうえでの葛藤が語られた。

 BiSHは初の紅白出演を1週間後に控えた昨年12月24日、17万もの人が視聴していた生配信ライブで23年いっぱいでの解散を発表した。

 解散は2019年にプロデューサーの渡辺淳之介氏から提案されたもの。アイナ・ジ・エンドは「(解散を)告げられた日からメンバーで話し合うまでの間に、2回ライブがあって、メンバーはどうなんだろうって。私は解散を言いも悪いもわからないけど、この子はどんな感情で『オーケストラ』を歌っているんだろう?とか、どんな気持ちで清掃員の前に立っているんだろう?感情がよく分からなくなっちゃって、腹をくくれなくて」と葛藤を吐露した。

 渡辺氏から告げられた瞬間について、モモコグミカンパニーも「すごい覚えているのがみんな全然知らない人に見えたんです、その瞬間に。その時に、BiSHっていろんな人生が交わって、本当に奇跡みたいな存在だなって。解散っていうことを告げられて、それに気づけたのが悲しいけど、良かったなとも思えた、不思議な感情になりました」と回顧。アユニ・Dも「この話し合いを機に、BiSHの終わりっていう存在の輪郭がはっきりしたので、BiSHでいろいろなことにも気づいたし、いろいろな優しさにも触れてきたし、終わりの期間まで飲み込んで、自分でいろいろな人に恩返しして、生きていきたいなっていう覚悟が持てたなと」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月22日のニュース