×

メッセンジャー黒田 漫才を途中で辞めて、楽屋へ帰ったトンデモ理由 あいはら「お客さんも納得…」

[ 2022年1月22日 19:05 ]

「メッセンジャー」の黒田有
Photo By スポニチ

 お笑いコンビのメッセンジャーが22日、メーンパーソナリティを務めるMBSラジオ「それゆけ!メッセンジャー」(土曜前11・30)に出演。黒田有(51)がありえない理由で舞台を途中退場したエピソードを明かした。

 番組の冒頭で「ちょっと、わたくしブルーでして」と切り出した黒田は、近日中に歯を手術することを打ち明けた。「うちの母親が歯が悪くてね。もともと強くないうえに、僕たちが生まれた時は、まだ日本も貧しい時代で」とボケを交えながら、「びっくりするくらいお金がかかるんですよ」と嘆いた。

 歯の話題がしばらく続き、あいはら雅一が「漫才している時に1回、(すごいことが)ありましたけどね」と切り出したのが、かつての仰天エピソードだった。

 「(漫才中、黒田が)しゃべりづらそうな感じで、タンでもからんだんかな、と思ってたら、“オエッオエッ”ってなって。パッと(黒田の)顔をみたら、前歯がバカーンって、4本くらい(飛んで)なくなってて。前のお客さんがワハハってなって、オレもフォローのしようがなくて。まさか、そんなこと起こるなんて思ってへんやん」

 神妙に聞いていた黒田も、「あの時、テレビが入ってたらなあ。神やったな」と悔しがる芸人根性?を見せ、「もう、ええわって言って、自分で(楽屋に)帰りましたもん」と顛末を話した。あいはらは「これはもう、お客さんも納得して。“この状況では、しゃべられへんわ”って」と、いつまでも思い出し笑いしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月22日のニュース