×

BiSH解散発表への反響に驚き「想像以上にびっくりさせてしまった」 決断は2019年“らしさ”追求

[ 2022年1月22日 17:11 ]

BiSHの(左から)アユニ・D、リンリン、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、アイナ・ジ・エンド、モモコグミカンパニー(2020年撮影)
Photo By スポニチ

 女性6人組ユニット「BiSH」が21日放送の日本テレビ系「MUSIC BLOOD」(金曜後11・00)にゲスト出演。番組史上初となる2回目の緊急出演で、23年いっぱいでの解散を発表した舞台側を明かした。

 BiSHは初の紅白出演を1週間後に控えた昨年12月24日、17万もの人が視聴していた生配信ライブで23年いっぱいでの解散を発表した。

 その反響について、アイナ・ジ・エンドは「自分たちの口でその言葉を発表した時は想像以上にびっくりしさせてしまったり、そうなるよねって、だったら、どんな感情でも1回ぶつけてもらうような覚悟をしないといけないほどの反響をいただきました」と明かした。

 突然の発表に、好意的なものだけでなく、ネガティブなものも多かった。これについて、セントチヒロ・チッチは「どんな気持ちを抱いてもらったにしても、私たちが自分たちの言葉で気持ちをたくさん伝えて、誠心誠意伝えていくことで、いつかきっとわかってくれると思っているので、素直にちゃんと私たちの思いを伝えていこうと思っています」と真摯に答えた。

 解散は2019年にプロデューサーの渡辺淳之介氏から提案されたもの。チッチは「渡辺さんが何か作って何かを壊すってことを、くり返してきた人」としたうえで「いろいろな気持ちがある中で、一番BiSHが輝ける瞬間に解散するっていうのが私たちらしさなのかなと思った」と決断の思いを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月22日のニュース