ヤクルト・吉田喜の恩師、日体大・古城監督も歓喜「球速以上の直球」

[ 2020年8月8日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト8―2DeNA ( 2020年8月7日    神宮 )

ヤクルトから2巡目で指名され、古城監督と握手をかわす吉田
Photo By スポニチ

 母校の日体大・古城隆利監督もヤクルト・吉田喜の初勝利を喜んだ。インターネットで観戦し「球速以上の直球で空振りを取れていた。第一歩おめでとうと伝えたい」。1年秋のリーグ戦で初登板も四球連発のホロ苦デビュー。その後、故障にも見舞われたが「辻コーチ(孟彦、元中日)と復帰へ地道に頑張っていた。苦手なことも一生懸命取り組む姿勢が成長につながった」と振り返る。

 現在も連絡を取り合っており、なかなか初勝利がつかめない中でも「頑張ります!」と明るく返事が来たという。「今後はもっと長い回を投げている姿を見たい」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース