“スーパー2年生”大阪桐蔭・関戸 スカウトのガンで154キロ計測!? 履正社と決着まであと1

[ 2020年8月8日 05:30 ]

大阪大会5回戦   大阪桐蔭9-4上宮太子 ( 2020年8月7日    シティ信金スタ )

<大阪桐蔭・上宮太子>7回から登板する大阪桐蔭・関戸(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 都道府県高野連が開催する独自代替大会は7日、大阪、兵庫など9大会60試合が行われた。大阪では甲子園交流試合に出場する大阪桐蔭と履正社がそろって快勝。この日、準々決勝以降の抽選が行われ、ともにあと1勝すれば、今大会最終戦となる準決勝で対戦することが決まった。

 大阪桐蔭の「スーパー2年生」が剛球で相手の勢いを完全に断ち切った。関戸康介投手が7―3の7回から3番手として登板。3回無安打1失点でゲームセットまで導き、準々決勝進出に貢献した。

 7回1死二塁の場面で脅威の1球が飛び出した。上宮太子の4番・谷野にカウント2―2から投じた5球目。空振り三振に仕留めた高め直球は、視察したロッテのスピードガンで154キロを計測した。他3球団は147キロ前後だったため誤作動の可能性もあるが、ロッテ・永野吉成プロ・アマスカウト部長は「そこまで違和感はなかった」と言う。最速151キロの関戸も「腕が振れた感覚はあったので、出てもおかしくないかな…。指にかかった感覚はあった」とまんざらでもなかった。

 今大会3試合計6イニングで被安打0、12奪三振。好調の一因には「故障」がある。3月中旬の練習試合で打撃時に投球を右手中指に当てて骨折。約3カ月のノースローを余儀なくされた。「この先、ケガは何度もある。マイナスに考えていては一流になれない」。窮地でこそ持ち前のプラス思考を全開。徹底的な走り込みや筋力トレに打ち込み、有意義な時間に変えた。

 準決勝で昨夏の甲子園大会優勝校の履正社と対戦する可能性が出てきた。西谷浩一監督(50)は「まずは次の試合(準々決勝)をしっかりやりたい」と表情を引き締め、関戸も「そこまであと1試合ある。しっかりと勝って、うまくつなげたい」と力を込めた。昨夏の日本一チームと決着をつけて、甲子園交流試合へ向かう。 (桜井 克也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース