東京六大学春季リーグ戦、10日開幕 昨秋王者の慶大「新しい気持ちで臨みたい」

[ 2020年8月8日 05:30 ]

慶大・瀬戸西純主将
Photo By スポニチ

 東京六大学春季リーグ戦の開幕を10日に控え、オンラインで6校監督、主将による記者会見が行われた。コロナ禍による延期で1試合総当たり制で実施。

 今秋ドラフト上位候補に挙がる左腕で早大の主将を務める早川隆久投手(4年)は「高校野球を思い出して戦いたい。しっかり役割を果たしたい」と抱負。また昨秋王者の慶大・瀬戸西純主将(同)は「プレッシャーに感じることなく今年は今年で日本一を狙う。新しい気持ちで臨みたい」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース