明石商・中森 延長11回タイブレークで力尽く 甲子園交流試合で雪辱宣言「絶対に点を取られたくない」

[ 2020年8月8日 05:30 ]

兵庫大会5回戦   明石商4-5神戸第一 ( 2020年8月7日    明石トーカロ )

<兵庫大会 神戸第一・明石商>延長11回、神戸第一にサヨナラ負けして肩を落とす明石商・中森(右)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 まさかの結末だった。無死一、二塁からスタートする初体験のタイブレーク。明石商・中森は延長10回から救援して、2イニング目の11回に1死満塁から押し出し四球で1点のリードをはき出すと、最後は147キロ真っすぐを二塁内野安打されてサヨナラ負け。

 「自分のしてしまったことが点に絡んでいるので実力不足かなと思います」。タイブレークとは言え今大会初失点(自責は0)。10回に自己最速に1キロに迫る今夏最速150キロを計測したのがせめてもの意地だ。巨人・岸敬祐スカウトが「完成度の高い投手。甲子園では自己最速を更新してくると思います」と話したように、この日視察したプロ7球団の高い評価はおそらく変わらないだろう。

 泣いても笑っても、16日の桐生第一との甲子園交流試合を残すのみ。「甲子園では最初から投げると思うので、自分が投げるイニングはもう絶対に点を取られたくない」

 子どもの頃、欲しかったゲームを買い与えられてもまずは攻略本を読破してから始めるタイプだった。そんな中森がプロで活躍するという最終目標を達成するために選んだのが明石商。そのユニホームを着て投げる最後の1試合で見せるパフォーマンスは見ものだ。

 もう一人のプロ注目、来田もスタメンから外れて6回に代打で途中出場。10回1死一、二塁で右飛に倒れるなど3打数1安打だった。それでも今大会で39人の3年生全員が出場する目標を果たした。試合には敗れたものの、チームは一つになった。(北野 将市)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース