西武・松本が5回2失点、初回の課題クリア「とにかくゼロで」ピンチ背負うも踏ん張る

[ 2020年8月8日 16:48 ]

パ・リーグ   西武―日本ハム ( 2020年8月8日    札幌D )

<日・西>力投する西武先発・松本(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 西武先発・松本は課題をクリアして5回2安打2失点の好投だった。

 「調子自体は良かった。ここ数試合、初回に失点することが多かったので、とにかく初回をゼロで抑えようと強く思っていた」

 ここ3試合連続で失点していた初回。西川、杉谷を連続三振に仕留めるも、近藤の左前打などで2死一、二塁のピンチを背負った。ここで大田を中飛。無失点で切り抜けた。

 2回に渡辺に2ランを浴びたが、3~5回は無安打投球。4四球を与えたものの要所で粘った。

 2年目右腕は「走者は出したがゼロで抑えられたので良かった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース