阪神・マルテが左ふくらはぎ痛から実戦復帰も再び同箇所を痛めて途中交代…

[ 2020年8月8日 16:50 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―広島 ( 2020年8月8日    由宇 )

阪神・マルテ
Photo By スポニチ

 左ふくらはぎ痛で2軍調整が続いていた阪神のジェフリー・マルテ内野手(29)が、8日のウエスタン・リーグ広島戦で実戦復帰を果たした。だが試合中に再び左ふくらはぎを痛め、途中交代を余儀なくされた。

 先月12日に出場選手登録を抹消されてからは2軍施設での残留調整が続いていたマルテは、この日から2軍本隊が遠征している由宇に合流し、2軍戦に「3番・指名打者」で先発出場。先月4日の1軍・広島戦以来の実戦復帰を果たしたが、4回無死一塁で迎えた2打席目に広島・床田からセンター前への打球を放つも、一塁ベースまで駆けることができずアウトに。3打席目には代打を送られていた。球団広報は、帰阪後に病院を受診する予定と発表した。

 また、2回に自打球が顔面に直撃して交代を余儀なくされた2年目の小幡竜平内野手(19)が、岩国市内の病院を受診して鼻骨骨折と診断されたことも併せて球団広報から発表された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース