阪神 接戦を落とし連敗 5位とのゲーム差なしに迫られる

[ 2020年8月8日 21:04 ]

セ・リーグ   阪神1―2広島 ( 2020年8月8日    マツダ )

<広・神>7回に登板するも勝ち越しを許した藤川(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は接戦を落とし、負け越しは「3」に。連敗を喫した5位・広島にゲーム差なしと迫られた。

 先発の西勇は初回に長野にソロ本塁打を浴びて先制を許したが、直後の2回に大山が11試合ぶりとなる一発を大瀬良から放ち、すぐさま同点に追いついた。その後は6回まで西勇、大瀬良の両エースが好投を続け同点のまま試合は終盤に。7回に阪神は1死満塁と絶好のチャンスを作ったが、西勇への代打・福留が二ゴロ併殺にたおれ得点ならず。直後の攻撃で2番手・藤川が1死二塁から代打・坂倉にセンター前へのタイムリーを浴びて勝ち越しを許した。

 8回は先頭の近本が内野安打で出塁も、2死三塁でこの日ホームランを放っている大山が遊飛にたおれるなど後続が続かず。9回もフランスアに抑えられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース