西武・ギャレット 史上2位タイ、162キロ出た クルーン、カミネロに並ぶ

[ 2020年8月8日 17:22 ]

パ・リーグ   西武―日本ハム ( 2020年8月8日    札幌D )

<日・西>7回、5番手で登板するギャレット。162キロをマークした(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 西武・ギャレットがプロ野球史上歴代2位タイとなる球速162キロをマークした。

 1点差に迫られた7回2死一、二塁でマウンドへ。横尾に三塁内野安打を許し、満塁となって渡辺を打席に迎えた場面だ。

 1ボール2ストライクからの4球目、外角低めに外れた直球が162キロをマーク。クルーン(巨)、カミネロ(巨)に並んだ。

 さらに161キロを2球、160キロを1球投げて迎えた9球目。160キロを左前にはじき返され、2点適時打で逆転を許してしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース