横浜隼人、初戦快勝 菊地希が先制2ラン「打った瞬間、入ったと」

[ 2020年8月8日 12:43 ]

高校野球神奈川・2回戦   横浜隼人6―1湘南学院 ( 2020年8月8日    横浜スタジアム )

 横浜隼人の先発・梅田健太郎(3年)が8回1失点の好投。初回に菊地希(3年)が左翼へ先制2ラン。「力を抜いてバットをボールにアジャストするだけという気持ちで打った。この3年間で一番良い当たり。打った瞬間、入ったと思った」と振り返った。終盤にも追加点を重ねて、初戦を突破した。

 最速149キロ右腕の加藤大(3年)は2番手で9回に登板。わずか4球で3人を打ち取ったが「走りは10(点満点)でたとえると6くらい。少しシュートして内に入ってしまった。修正していきたい」と課題を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース