楽天・渡辺佳、今季初1軍昇格&即スタメンで先制適時二塁打!「爪痕を残そうと思った」

[ 2020年8月8日 21:42 ]

パ・リーグ   楽天4―2ソフトバンク ( 2020年8月8日    楽天生命 )

笑顔でポーズする渡辺佳(左)と塩見 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天が2連勝で単独首位に浮上した。

 この日に今季初の1軍昇格で即スタメンとなった渡辺佳は「やってやろうという気持ちでした」と、今季初打席で先制適時二塁打を放った。「爪痕を残そうと思っていました。初球を迷わず振れました」と自身の打席を振り返った。

 渡辺佳にとって同期となるプロ2年目の辰己、太田、弓削の活躍が刺激になっていた。「開幕から同期の3人が活躍していた。僕もいつか同じ舞台でプレーしたいと思ってファームでやってきたので今日は良かったです。ファームでやってきたことが力になりました」と安どの表情で話した。

 最後に「まだまだシーズン長いですが応援よろしくお願いします」とファンへメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース