広島・森下 本拠地初勝利&プロ初安打 ピースナイターで躍動

[ 2020年8月8日 05:30 ]

セ・リーグ   広島11-6阪神 ( 2020年8月7日    マツダスタジアム )

<広・神(6)> ピースワッペンを左袖に付けて力投する森下(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 広島・森下がサインに首を振って投げ込んだのは115キロのカーブだった。2点差に迫られた5回、なお2死一、三塁の窮地。先月の対戦でプロ初被弾した大山を追い込み、自ら選んだカーブで空振り三振に仕留めた。

 「その前に(初球)カーブでストライクを取れた。ワンバン気味に投げたら三振を取れると思った」

 最速151キロを計測した速球だけが武器ではない。縦に大きく割れるカーブで緩急を効かせ、決め球としても駆使。何より力押しだけに頼らない冷静な判断力が光る。6回2死一、二塁では代打の糸井を148キロで左飛に押し込み、最後の難所も切り抜けた。

 1学年下の坂倉とは初バッテリー。「新しい形だったけど、しっかり強気のリードをしてくれた。寮も同じ。捕手だし、コミュニケーションを取ってきた」。4失点の粘投で引っ張り、3勝目につなげた。

 野球を通じて核兵器のない平和な世界を訴える「ピースナイター」。広島に住む人びとにとって特別な一戦に新人が先発するのは15年の薮田に続いて2人目だった。「当たり前に野球ができていることに感謝があります」。原爆ドームと折り鶴をデザインしたワッペンを袖に付けて108球を力投し、3回には右翼線へプロ初安打を記録。堂々の本拠地初勝利で大役に応えた。  

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース