広島・長野 勝負強さにバンザイ?! 代打率・455

[ 2020年8月8日 05:30 ]

セ・リーグ   広島11-6阪神 ( 2020年8月7日    マツダスタジアム )

<広・神(6)> 6回1死満塁、は中前に2点適時打を放ち両手を挙げて喜びを表現する長野(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 広島・長野が勝負強さを見せた。

 6回2死満塁で森下への代打で登場。1ボールから2球目の直球を鋭く中前へ打ち返し、2人の走者を迎え入れた。

 「思い切っていきました。ランナーを還すことができて良かったです」

 救援陣が不安定なだけに貴重な追加点だった。自己最長に並ぶ5試合連続マルチ中ながら、連戦中の移動試合とあってベンチスタート。代打率・455(11打数5安打)となり、1打席限定でも存在感が際立った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース