日本ハム・近藤 V弾イメージは「7番アイアン」!?勝率5割すくい上げ

[ 2020年8月8日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3―2西武 ( 2020年8月7日    札幌D )

<日・西>4回1死、先制本塁打を放つ近藤(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・近藤が「ナイスショット」でチームを6月25日以来の勝率5割にすくい上げた。4回、昨季から5試合で0勝4敗と天敵の西武ニールのチェンジアップが引っかかって膝元へ。すると近藤はゴルフのようなスイング軌道でボールを捉えて左中間席へ2号ソロを放った。

 趣味のゴルフではベストスコア76を誇る安打製造機は「ほぼまぐれに近い」と技ありの一発におどけつつ「(打ったイメージは)7番アイアンくらいですかね。(手でバットを)操作せず、自然体でインパクトまでいったので飛んでくれたのかな」と振り返った。

 この一発で9試合連続で先制し、これで7勝2敗。先手を取り、白星につなげている。6回1死一、三塁では2点二塁打でチームの全得点を記録。8回の左前打で今季2度目の猛打賞もマークした。

 3点リードの9回は、栗山監督が執念の采配を見せた。守護神・秋吉が1失点すると4番手・堀に継投。指揮官は「細かいところはいい」と多くを語らなかったが、堀は押し出し四球を与えながらも最後は1点差を死守。このまま上位浮上を狙う。(東尾 洋樹)

 ▼日本ハム・杉浦(7回1安打無失点で自己最多タイ4勝目)相手が好投手なので我慢比べになると想定していた。1年間続けるのが大事なのでもっと伸ばしていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース