東海大相模2戦連続コールド勝ち 背番10笠川が6回1/3を零封

[ 2020年8月8日 05:30 ]

神奈川大会3回戦   東海大相模7―0山手学院 ( 2020年8月7日 )

<山手学院・東海大相模>6回1/3を無失点に抑えた東海大相模・笠川(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 東海大相模(神奈川)は背番号10の笠川が先発で6回1/3を4安打無失点に抑え、2試合連続のコールド勝ちに貢献した。5回まで1―0の展開に「序盤は少し(接戦で)焦った」と苦笑いしたものの、初戦に続く先発で計10回1/3を無失点に抑えている。

 エース左腕の諸隈惟大(いっと=3年)を温存する中で「(17日に大阪桐蔭と対戦する交流試合の)甲子園でも短いイニングでもいいので投げたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース