聖望学園のプロ注目遊撃手・蔵田 チームプレーで逆転勝利貢献、スカウト陣「ジーターのスケール」

[ 2020年8月8日 18:00 ]

埼玉大会1回戦   聖望学園3―2埼玉平成 ( 2020年8月8日    飯能市民 )

<聖望学園・埼玉平成>6回に安打を放つ聖望学園のプロ注目大型遊撃手・蔵田(撮影・柳内遼平)
Photo By スポニチ

 身長1メートル87の遊撃手。聖望学園の蔵田亮太郎(3年)の目標はプロ入りだ。コロナ禍でプロのスカウトへのアピール機会でもある実戦数は激減。さらに今夏の県の代替大会は7回制だ。「高いレベル、環境へ行って自分を高めたい」と話す蔵田にとっては1打席、1スイングでさえも貴重。それでも自分の欲を消し、チームプレーで逆転勝利に貢献した。

 高校生活の最後の実戦となる今大会のチーム初戦。前夜、福山大硬式野球部で監督を務める父・修氏から電話が入った。「チームを1番に考えてプレーしなさい。最後の夏を頑張れ」。その言葉通り、2点を追う4回、無死二塁では「次につなぐ、走者を進めることだけを考えました」と進塁打の二ゴロを放った。この回3得点で逆転。6回には中前打を放ったが、進塁打に納得の表情を浮かべた。

 蔵田は攻守において柔らかな動きを見せる。昨冬、OBのロッテ・鳥谷が講演を行うため来校。間近で見て「プロのオーラを感じました」と振り返る。そこから偉大な先輩のプレーを動画などで研究。足の運びやグラブさばきなど、柔らかさに磨きをかけた。

 プロの評価も上々だ。視察した日本ハム・今成泰章スカウトは「変化球への対応など課題はあるけど、こんな大きなショートはなかなかいない。ジーター(元ヤンキース)のスケールだね」と「ザ・キャプテン」と称されるなどチームプレーの体現者の名を挙げた。

 「1つ1つ勝って仲間と優勝したい。今はそれだけです」と蔵田。3打数1安打で守備機会も1つだけだったが、その言葉に偽りはない。(柳内 遼平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース