中大・清水監督らも宮井氏弔問 アマ球界の名将に涙の別れ

[ 2020年8月8日 05:30 ]

中大の清水達也監督(右)とツーショット
Photo By スポニチ

 早実、中大の野球部監督としてアマ球界に数々の功績を残した宮井勝成(みやい・かつなり)氏が7日午前2時23分、肺がんのため東京都三鷹市の病院で死去した。94歳。東京都出身。

 都内の宮井氏の自宅には中大野球部の清水達也監督(56)や宮井さんが指揮を執って制覇した57年のセンバツ優勝時のキャプテンを務めた堀江康亘(やすのぶ)さん(81)らが弔問に訪れた。堀江さんは関係者が手にしていた優勝時の記念写真に目をやると「優勝旗を持っているのが、私です…」と声を詰まらせていた。

 ▼太田誠氏(駒大元監督)昭和40年代後半、中大には田村(政雄)や藤波(行雄)らいい選手がいて、優勝を懸けて戦ったもんです。宮井さんは私より10歳上。ライバルであり宮井さんに追いつけ追い越せでやってきた。監督として高校、大学で日本一となり一時代を築いた人です。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース