巨人・デラロサ 2軍戦で実戦復帰、左脇腹回復 1回無安打無失点

[ 2020年8月8日 19:26 ]

イースタン・リーグ   巨人―DeNA ( 2020年8月8日    横須賀 )

巨人のデラロサ
Photo By スポニチ

 左脇腹の肉離れで離脱していた巨人の守護神、ルビー・デラロサ投手(31)が8日、イースタン・リーグのDeNA戦(横須賀)で実戦復帰した。

 先発し、1回無安打無失点に抑えた。「投球のメカニックと、患部も問題なく腕もしっかりと振れて投げることができました。きょう、マウンドに立つことができたのも、トレーナーさんに感謝します。早く1軍の戦力になれるように頑張ります」とコメントした。

 7月5日の中日戦の9回から登板し、先頭のビシエドに本塁打を浴び、今季初失点した直後に緊急降板。翌6日に出場選手登録を抹消されていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース