巨人・岡本 バックスクリーンに先制弾、6試合ぶり一発「しっかり振り抜けた」

[ 2020年8月8日 15:33 ]

セ・リーグ   巨人―中日 ( 2020年8月8日    ナゴヤD )

<中・巨>4回1死、岡本は先制ソロホームランを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・岡本和真内野手(24)が先制の15号ソロを放った。

 0―0で迎えた4回1死、勝野の真ん中に入った148キロ直球を捉え、バックスクリーンに豪快に運んだ。6試合ぶりの一発に「しっかり振り抜くことができました。いい感覚で打てましたね」とうなずいた。

 6日の阪神戦から2試合連続で打線の核となる丸、坂本、岡本の3人に安打がなかったが、4番が会心の一打で仕事を果たした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月8日のニュース