中央学院大 栗原で好スタートも超速展開に「対応できなかった」往路12位

[ 2020年1月3日 05:30 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝・往路 ( 2020年1月2日    東京・大手町~神奈川・箱根町、107・5キロ )

中央学院大2区の川村(右)にタスキをつなぐ1区の栗原(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中央学院大1区の栗原が区間5位と好発進したが、2区以降にズルズルと順位を下げて12位。

 各区間で好タイムが続出する空前のハイレベルとなった往路。川崎勇二監督は「高速な展開に対応できなかった」と振り返った。6年連続となるシード権へ、10位・拓大とわずか9秒差で復路に臨む。指揮官は「復路は6区が全て。(シード権は)簡単ではないが、十分にいける」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース