大関返り咲き目指す高安 荒磯親方と初稽古「良かった」

[ 2020年1月3日 05:30 ]

荒磯親方(左)の攻めをこらえる高安
Photo By スポニチ

 大相撲初場所(12日初日、両国国技館)に向け、大関から陥落した関脇・高安(田子ノ浦部屋)が2日、田子ノ浦部屋の稽古始めで荒磯親方(元横綱・稀勢の里)と三番稽古を行った。

 13番で4勝9敗だったが、懐に入って押し出すなど「良かったです」と納得していた。昨年末に力士会を欠席した際、インフルエンザと伝えられたが、実際には感染しておらず、体調面は「大丈夫」と強調。10勝を挙げれば大関返り咲きとなる初場所へ「優勝争いに絡めるようにしたい」と高い目標を設定した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース