3年ぶり出場の創価大 健闘7位 1区・米満が好発進で大学初の区間賞

[ 2020年1月3日 05:30 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝・往路 ( 2020年1月2日    東京・大手町~神奈川・箱根町、107・5キロ )

鶴見中継所で創価大2区のソムニ・ムイル(右)にタスキをつなぐ1区の米満(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 3年ぶり出場の創価大が往路7位と健闘した。1区の米満が大学初の区間賞となる1時間1分13秒でロケットスタート。その後はペースを乱さずに、シード圏内で折り返した。

 試合前に意思統一した合言葉は「失うものはない。強豪に食らいついていこう」。その言葉通り、5人がそれぞれのミッションを完遂した。初のシード権獲得へ向け、榎木和貴監督は「目標を達成できている。復路も自分たちの走りをしてほしい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース