拓大「よく頑張った」大学の往路記録更新 シード圏内10位で折り返し

[ 2020年1月3日 05:30 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝・往路 ( 2020年1月2日    東京・大手町~神奈川・箱根町、107・5キロ )

3区・赤崎(左)にたすきを繋ぐ拓大・レメティキ(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 拓大はシード圏内の10位で折り返した。ケニアからの留学生、レメティキが2区で1時間6分18秒の区間2位の快走。17位から11位まで順位を上げ、流れをつくった。

 設定タイムだった5時間30分30秒を切り、往路の拓大記録も更新。山下拓郎監督は「戦力ダウンと言われていた中でよく頑張ってくれた」と選手を称え「この流れを途切れさせないようにしたい」と復路を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース