往路15位の日大 2区のケニア人・ドゥングが不発 区間12位に指揮官「仕方ない」

[ 2020年1月3日 05:30 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝・往路 ( 2020年1月2日    東京・大手町~神奈川・箱根町、107・5キロ )

戸塚中継所、3区・樋口にたすきを繋ぐ日大・ドゥング(右)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 往路15位の日大は、2区に投入したケニア人留学生のドゥングが、1時間8分8秒の区間12位と不発に終わった。

 区間1桁順位が3区8位の樋口のみと苦しいレースに。武者由幸監督は「ハイペースは予想していたが、想定以上だった。1区から後手に回った。ドゥングはもう少しやってくれると思ったが、仕方ない」と険しい表情を浮かべていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース